サンワードお洗濯ブログでは、サンワードスタッフのおもしろかったことや日常の出来事、
お洗濯に関してのちょっとしたまめ知識も書いて行きます!お楽しみに!!!

お久しぶりです。

Posted : 2017/12/05/05:20 | ↑Page top

お久しぶりです

クリーニング師の菅原です。

 

気づけば、今年も残すところあと1カ月。

この時期は忘年会などで外食する機会が増えますね!

 

楽しく食事をしていると

知らない間に食べ物のシミが・・・

なんてことはありませんか?

 

シミをきれいに取り除くためには

スピード勝負です。

ついたまま放置してしまうと時間の経過とともに

シミが定着して落としにくくなります。

 

ついてすぐのシミは生地にのっている状態  

simi1.jpg

ついて1週間~10日のシミは生地にしみ込んでいる状態

simi2.jpg

外出先での応急処置

【水溶性のシミの場合】しょうゆ・コーヒー・果汁・お酒など

シミの下にティッシュペーパーを敷き、濡らして固く絞った布で上から叩いて

布にミを移します。

【油性のシミの場合】食用油・マヨネーズ・ミートソース・バター・チョコレートなど

油性のシミは、汚れが生地の上にのっている状態なので、乾いた布でつまむように取りましょう。

こするとしみ込んで落ちにくくなります。

 

応急処置をして、帰宅後すぐに

ハイベックでシミ抜きをしましょう♪


ハイベックブラシ・・・ 和服のシミ抜きでも使用されている馬毛のブラシ!

生地を傷めずシミ抜きができる優れもの!

IMG_1611.JPG



輪ジミに注意!!

『部分洗いはできますか?』というお問合せを多くいただきますが

ハイベックではおすすめしておりません。

部分洗いだけだと、見た目では綺麗になったと思っても、濡れている所と

乾いている所の境目にまだ汚れが残った状態で、乾くと輪ジミとして現れて

しまいます。

シミ抜き後は、必ず全体もハイベックでお洗濯してくださいね!



« 次の記事へ   ブログトップページへ   前の記事へ »

このページのトップへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク