サンワードお洗濯ブログでは、サンワードスタッフのおもしろかったことや日常の出来事、
お洗濯に関してのちょっとしたまめ知識も書いて行きます!お楽しみに!!!

浴衣を洗いました。

Posted : 2016/09/24/03:08 | Category : お洗濯方法 | ↑Page top

今年の夏も終わり

朝晩涼しい秋の季節になりましたね🍂

 

 

 

秋はおいしい食べ物がたくさんあり😋

運動するにもとてもいい気候です🎶

 

 

 

そんな楽しみがたくさん詰まった

秋を迎える前に

夏の汚れにはしっかり

さよならしておきましょう👋

 

 

そこで

夏の風物詩のひとつである

「浴衣」を洗ってみましたよ👆

 

浴衣のサムネール画像

 


 浴衣 絵表示のサムネール画像



この洗濯絵表示を見て

あれ?と思った方は

ハイベックの基本をマスターできていますね👆

 

 



 

そうです。

いつもあれだけ言っている

「ドライマーク」が付いていません‼‼‼

 

 

 



 

ハイベックのお洗濯は

「ドライマークに×が付いていなければお洗濯できます」

と説明しています

 

 

 



 

この浴衣の場合

・お水洗いが可能であること

 →防縮加工、色止め加工がされている

  ※濃い染色がされているものなどは

色落ちする場合があるので

お洗濯前に確認をしておきましょう

 

・ドライ溶剤に不適合な素材や付属品がないこと

などの理由から、通常通りお洗濯を行いました🎶

 

 




 

※ご自宅で同じような状況の場合はご相談ください。

お客様相談室 0120-668-689

 

 

 



 

洗い方は

【基本の洗い方】で洗います。

お洗濯ガイド、もしくはこちらをご参照ください→お洗濯方法 

 

浴衣 洗濯後のサムネール画像



とてもきれいに仕上がりましたが

ちょっと小ジワが気になります...





 

この浴衣に限ることではないですが

天然繊維である「綿」「麻」は

お洗濯後にシワが付きやすいことがあります

 

 




 

ここでポイント💡

 

『最後の脱水は短くしよう』

最後の脱水を"お水がしたたるかしたたらないか"にしておき

お水を十分に含んだ状態にしておきましょう😊

 

 




 

『半乾きの状態でドライアイロンをしよう』

完全に乾いてからアイロンがけをしても

なかなかシワが伸びません。

濡れた状態で行うことで、シワの伸ばしやすさは

一段と良くなりますよ🎶

もし、色がでる衣類であれば干している間の

色泣きも防止できます

 

 

 




『仕上げ剤を使おう』

仕上げ剤はハリやコシ、ドレープ性などを与えるだけでなく

"お洗濯後のシワを伸ばしやすくする"

という特長もあるんですよ😉

 

 

 




ちょっとしたひと手間が

のちのストレスをなくしてくれるのは

言うまでもありませんね😃🎶

 

 

 




この浴衣も来年まで仕舞われてしまいますが

汗の汚れや食べこぼしの汚れを残すと

黄ばみ虫食いカビなどの原因になることは

間違いありません😫💦

 




 

 

一度しか着ていないから大丈夫かな・・・

という考えは捨てて

『仕舞う前には必ず洗う』

を心がけましょう😉


お客様相談室 北川
« 次の記事へ   ブログトップページへ   前の記事へ »

このページのトップへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク