サンワードお洗濯ブログでは、サンワードスタッフのおもしろかったことや日常の出来事、
お洗濯に関してのちょっとしたまめ知識も書いて行きます!お楽しみに!!!

2016年9月アーカイブ

浴衣を洗いました。

Posted : 2016/09/24/03:08 | Category : お洗濯方法 | ↑Page top

今年の夏も終わり

朝晩涼しい秋の季節になりましたね🍂

 

 

 

秋はおいしい食べ物がたくさんあり😋

運動するにもとてもいい気候です🎶

 

 

 

そんな楽しみがたくさん詰まった

秋を迎える前に

夏の汚れにはしっかり

さよならしておきましょう👋

 

 

そこで

夏の風物詩のひとつである

「浴衣」を洗ってみましたよ👆

 

浴衣のサムネール画像

 


 浴衣 絵表示のサムネール画像



この洗濯絵表示を見て

あれ?と思った方は

ハイベックの基本をマスターできていますね👆

 

 



 

そうです。

いつもあれだけ言っている

「ドライマーク」が付いていません‼‼‼

 

 

 



 

ハイベックのお洗濯は

「ドライマークに×が付いていなければお洗濯できます」

と説明しています

 

 

 



 

この浴衣の場合

・お水洗いが可能であること

 →防縮加工、色止め加工がされている

  ※濃い染色がされているものなどは

色落ちする場合があるので

お洗濯前に確認をしておきましょう

 

・ドライ溶剤に不適合な素材や付属品がないこと

などの理由から、通常通りお洗濯を行いました🎶

 

 




 

※ご自宅で同じような状況の場合はご相談ください。

お客様相談室 0120-668-689

 

 

 



 

洗い方は

【基本の洗い方】で洗います。

お洗濯ガイド、もしくはこちらをご参照ください→お洗濯方法 

 

浴衣 洗濯後のサムネール画像



とてもきれいに仕上がりましたが

ちょっと小ジワが気になります...





 

この浴衣に限ることではないですが

天然繊維である「綿」「麻」は

お洗濯後にシワが付きやすいことがあります

 

 




 

ここでポイント💡

 

『最後の脱水は短くしよう』

最後の脱水を"お水がしたたるかしたたらないか"にしておき

お水を十分に含んだ状態にしておきましょう😊

 

 




 

『半乾きの状態でドライアイロンをしよう』

完全に乾いてからアイロンがけをしても

なかなかシワが伸びません。

濡れた状態で行うことで、シワの伸ばしやすさは

一段と良くなりますよ🎶

もし、色がでる衣類であれば干している間の

色泣きも防止できます

 

 

 




『仕上げ剤を使おう』

仕上げ剤はハリやコシ、ドレープ性などを与えるだけでなく

"お洗濯後のシワを伸ばしやすくする"

という特長もあるんですよ😉

 

 

 




ちょっとしたひと手間が

のちのストレスをなくしてくれるのは

言うまでもありませんね😃🎶

 

 

 




この浴衣も来年まで仕舞われてしまいますが

汗の汚れや食べこぼしの汚れを残すと

黄ばみ虫食いカビなどの原因になることは

間違いありません😫💦

 




 

 

一度しか着ていないから大丈夫かな・・・

という考えは捨てて

『仕舞う前には必ず洗う』

を心がけましょう😉


お客様相談室 北川

帽子のお洗濯 ~洗えない帽子の場合~

Posted : 2016/09/21/10:40 | Category : お洗濯方法 | ↑Page top




こんにちは。

お客様相談室の佐藤です。




 

前回に引き続き、今回も

帽子についてご紹介致します。




 

帽子は衣類と違って、お洗濯をする目的として

作られていないので、取扱絵表示の確認が

できないものも多く存在します。




 

また、麦わら帽子のような素材を

「ラフィア」といい、ラフィアは水に

弱いので、お洗濯することができません。




 

ラフィア(帽子).jpg





そのまま放っておくと、臭いやカビの原因と

なってしまいますので、ハイベックで

お手入れをしてみてはいかがでしょうか?




 

  ブラッシングをして表面の汚れを落とします。



  規定の分量で薄めたハイベックの液を

タオルに含ませ、固く絞ります。

そのタオルで帽子全体を吹き上げましょう。



  完全に乾いたら重曹スプレーで消臭を!!



 

重曹スプレーの作り方

【用意するもの】

・スプレーボトル 1

・水 100cc

【作り方】

1. スプレーボトルに重曹を入れる

2. ぬるま湯を注ぐ

3. 重曹がぬるま湯に溶けるまでよく振って溶かす

注意:65℃以上のお湯ですると重曹水が強アルカリ性に

なってしまうので、必ずぬるま湯で作りましょう





 

重曹は食品にも使用されているので、

基本的には体に無害です。





 

ドラッグストアなどで簡単に

手に入れることができますので、

ぜひお試し下さい。





 

他にも

「こんなものもハイベックなら洗えるかも?」

などお悩みの方はお気軽にお客様相談室へ

お問い合わせ下さい。





 

サンワードお客様相談室


☎120-668-689





 

私たちスタッフが衣類の情報をお聞きしながら

お客様の大切な衣類が購入した時の状態で長く

保って頂けますよう、ベストなお手入れ方法を

アドバイスさせて頂きます。





 

皆様からのお問い合わせを

お待ちしております。

 

 

帽子のお洗濯 ~洗える帽子の場合~

Posted : 2016/09/20/03:23 | Category : お洗濯方法 | ↑Page top




こんにちは。

お客様相談室の佐藤です。




 

皆様、夏の間いかがお過ごしでしたでしょうか?

海や山、BBQ・お盆に故郷へ帰省など

お出かけされた方も多かったのでは

ないでしょうか?




 

私は夏らしいことをしたと言えば

海に行った程度ですが、とにかく暑い!!

もともと色黒などで、日差しをどんどん

吸収してしまいました(+_+)



 

そんな私も、女性なので紫外線には

少しは気を付けています。

そして大活躍したのが帽子です。

ハイベックご愛用者のみなさんの中でも

帽子をかぶって外出された方が多かったのでは

ないでしょうか?




 

そんな皆様のために、今回は夏に大活躍した

『帽子』のお洗濯についてご紹介させて頂きます。




 

まず、取扱絵表示でお洗濯が

できるかの確認を。




 

皮脂が付きやすいおでこ部分は

原液とブラシで前処理をしましょう。




 

あとは洗面台や桶などを使用して

つけ置き洗いです。




 

脱水がうまくいかない場合は、バスタオルに

包んで脱水。

型崩れの心配があり、脱水ができない場合は

バスタオルでのタオルドライ。




 

最後は形を整えて乾かして下さい。




 

●ザルやボウルなどに被せて干すと

 型崩れしにくくなります




 

帽子(ザル外).JPG




中はこんな感じです。



帽子(ザル中).JPG



 

●丸めた新聞紙を詰めて干すと型崩れを防止、

 新聞紙が水分を吸ってくれるため、乾きも早くなります



こちらはタオルバージョン。




帽子(タオル).JPG




 

黒い帽子は汗で白く粉をふいたり・・・

白い帽子は汗で黄ばみに・・・




 

夏の暑さから守ってくれる帽子。

いつでもきれいに保ちたいですよね。




 

お洗濯で困っていることがあれば

ぜひ、お客様相談室にご相談下さい。

お待ちしております。




 

サンワードお客様相談室


☎0120-668-689

 

 

 

 

 

 

 


ビックリ!! トラブル。。。。

Posted : 2016/09/10/10:37 | Category : お洗濯方法 | ↑Page top


 

こんにちは。

お客様相談室の佐藤です。





 

先日、友人の結婚式に参加しました。

主役じゃなくても女性は準備が大変ですよね。





 

披露宴で着用する服・靴・バッグ・髪

まつ毛・ネイル・・・・・・

当日だけじゃなく1週間くらい前から

もうすでにバタバタですよね。




 

私は今回のために新しくワンピースを

買いました

とりあえず着る前に洗濯する派の私は

早速ハイベックでお洗濯





 

すると・・・・





 

なんと色移りが!!!!!!!!





 

 

私。。。

油断していました。





 

お洗濯前の色落ちのチェックを

していませんでした。





 

よくお客様のお問い合わせで

「ハイベックなら色落ちしませんか?」という

お問い合わせを頂きますが、色落ちは衣類の

製造過程での色止め加工の問題です。

色止め加工が不完全なものは、どんな洗剤で

洗ってもお水を使うと色が出てきてしまいます。





 

お水が原因で色が出てしまいますので、

洗剤では止めることができません。





 

ハイベックには移染防止剤が配合されているので、

ハイベック液の中では色移りしませんが、脱水や

干す際にくっつくと色が移ってしまいます。





 

私も脱水後に気付きました。






IMG_0925.JPG



 

 

薄ら紫っぽくなっているのが

わかりますでしょうか?





 

脱水しても少しわかります。。。

 



IMG_0923.JPG




 

さぁ!!

何とかして元に戻しましょう。





 

まずは、色移りの際にお客様にもご紹介している

『純石けん』を使用した方法です。

※純石けんとは・・・・・脂肪酸ナトリウム97%以上のもの

          100円ショップやドラッグストアなどで販売





IMG_0927.JPG 




 

1.桶に10ℓのぬるま湯を準備します。

その中に純石けんを角砂糖2個分程度

カッターで削り溶かす。

 

2.1の液の中で振り洗い、または

 ブラシでシミ抜き

 

3.色移りに気を付けてすすぐ。

 

4.色移りに気を付けて脱水。

 

5.色がにじむ前に早めにアイロンで

 乾かす。




 

生地同士がくっつくと、色が移ってしまうので、

私は色が出るスカート部分をバスタオルで包んで

脱水をしました。




 

肉眼でしっかり見ると、薄ら残ってはいますが

なんとか着れる状態までには

戻すことができました。

 




IMG_0929.JPG





IMG_0928.JPG




 

1つの衣類の中での色移りって

一番厄介ですよね。。。。




 

あぁ~


大変だった~(^^ゞ




 

今度からどうやって洗おうかと考えるだけで

気が重くなりますが・・・・・




 

皆様も私みたいにならないためにも

色落ちのチェックはお忘れなく!!





お洗濯の前に仕分けをしよう!

Posted : 2016/09/01/04:49 | Category : お洗濯のまめ知識 | ↑Page top

ご存じかと思いますが、

クリーニング店ではお客様から衣類を預かるとき

「受付点検」をするんです

ただお客様から衣類を預かるだけではなく


 




👆どういう素材や色なのか

👆しみや変色、傷はないか

👆装飾品はあるのか     etc...

 





衣類が今どのような状態なのかを

お客様と一緒にチェックしているんです

 



 

ハイベックでお洗濯する前にもちょっと確認することで

お洗濯中やお洗濯後の手間もなくなりますよ😊

 




 

例えば...

 

食べこぼしのシミや、えり・袖口に黒ずみはないか

ポケットの中に何か入っていないか

色落ちはしないか

 

などです🌼

 




 

シミや黒ずみがあれば

ハイベックのブラシを使ってシミ抜きをしておきましょう♪

シミが残っていると

お洗濯後に、また洗わなければいけなくなります😒💦

 

 




ポケットの中には

お買い物レシートポケットティッシュ

お金が入っていることも多々ありますよ!

 





私は以前、社長のジャケットを洗う前に

何気なくポケットを確認したところ

諭吉さんが...💦

確認をしなければ危うく

洗濯してしまうところでした😓💦

要チェックです‼‼‼

 

 





色落ちする単色の衣類であれば

単品で短時間洗いをするようにしましょう☆

他のものと同時に洗って、色移りしちゃった💦

とならないように、注意が必要ですね👆

色別、素材別、衣類別にお洗濯すると、より安心です♪

 

 





その他にも

・変色がないか

・ほつれがないか

・素材はなにか

 


など、ここまで確認ができれば

ハイベックお洗濯の"プロ"といっても

過言ではないでしょう😉

 

 





素材や着用する環境、洗濯頻度などによって

衣類の状態は様々です。

 





大切な衣類をより良い状態のまま

長持ちさせるためにも

お洗濯中だけでなく

お洗濯前から気にかけてあげたいものですね😊

 




 

お洗濯方法や商品に関する

ご質問がございましたら

当社相談室へお問い合わせ下さい♪

 



お客様相談室 0120-668-689

                                                           お客様相談室 北川

« 2016年10月   ブログトップページへ   2016年8月 »

このページのトップへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク